現代ギリシャ語

歴史
ギリシャ語の言語

(また見なさい: ギリシャ文字)
原始ギリシャ語 (c3000BC)
Mycenaean (c1600BC-1100BC)
古代ギリシャ語
方言:
AeolicArcadocypriot
アチック、 Doric、 イオン

Koine のギリシャ語 (紀元前のc323 から)
中世ギリシャ語 (c330-1453)
現代ギリシャ語 (1453 年から)
方言:
Cappadocianキプロス島
Demotic、 Griko、 Katharevousa、
架工歯TsakonianYevanic

現代ギリシャ語 (???????????, ついた。 新Neo-Hellenic) の進化の第5 段階を参照する方言家族はである ギリシャ語の言語 (ある最初の4 Mycenean、 古代ギリシャ語、 ポスト古典または ギリシャ語常用のユダヤ人のギリシャ語 そして 中世ギリシャ語) 、 そしてそれはあらゆる方言そしてイディオムをの含んでいる Hellenic 世界に今日あるスピーチ。 現代ギリシャ語はに形をよく運び始めた 中間の年齢 しかし便宜上言語学者はに出発点を置く コンスタンチノープルの落下 1453 年の広告。 中間の年齢の間に19 世紀のギリシャの国家主義の再生まで持ち上げれば、 現代ギリシャ語は広くとして知られていた Romaic (????????), で話されている言語を示す 東のローマ帝国

目次

方言

現代ギリシャ語の主要な方言は次のとおりである:

  • Demotic (????????): 中間の間にほとんどの方言の言語を老化させる Byzantines、 特に本土で ギリシャ、 アジア未成年者 そして コンスタンチノープル。 Demotic の公用語は今ある ギリシャ共和国 (ギリシャ) 、 そして従ってまた"現代ギリシャ語" として"Koine 現代ギリシャ語" の(共通の現代ギリシャ語) または厳しくより少しとして参照される。 Demotic に補助的枝の色々別がある、 ように見なされるか大きい明瞭さのためのどれが イディオムKoine 現代ギリシャ語はよりもむしろ分かれる 方言。 現代ギリシャのイディオムは2 つの主要な部門に分けられる、 北及び南イディオム。
北のイディオムの例はRumelian である、 Epirote 、 Thessalian 、 マケドニア人、 Thracian 。
南部門はイディオムを含みなさいグループに分けられる:
  1. Megara 、 Aegina 、 古いアテネ、 Kimi 及びMani
  2. Peloponnese (Mani を除いて) 、 Cycladic の島及びCrete 、 Ionian 島、 北のEpirus
  3. Dodecanese キプロス
Demotic は公式に書かれていた 単調 1982 年以来のギリシャの原稿。
  • Katharevousa (???????????): 現代ギリシャの州の基礎で19 世紀に作成される半人工的な方言 その間妥協として 古典ギリシャ語 そして現代Demotic 。 それは1976 年までの現代ギリシャの公用語だった。 Katharevousa は書かれている polytonic ギリシャの原稿。
  • Tsakonic (?????? または Tsakonian): しかの都市のまわりで10 の村によって今日話されていない Sparta 地域の Laconia 南 Peloponnese。 従ってLaconian (古代スパルタ式) から直接展開するTsakonic はから及び降りる Doric ギリシャ語の言語の枝。 それはギリシャ語常用のユダヤ人のKoine からの相続財産を有し、すべての子供の方言とかなり異なっている(のような Demotic そして 架工歯) 。
  • 架工歯 (????????, 見なさい 架工歯のギリシャ語): で最初に話されていて Pontus スピーカーのほとんどまでのアジア未成年者の地域はSmyrna の破壊に続いたトルコとギリシャ間の大きい人口交換の間の本土ギリシャに転置された。 それはから呼ぶ ギリシャ語常用のユダヤ人 そして 中世Koine しかし特徴をの維持する イオン 古代colonisations 以来。
  • Cappadocian (???????? または Cappadocian): 架工歯と同じ運命へのそしての方言の終わり。 Alexandrian 及びビザンティウムの舌からのあられ直接、 そしてスピーカーは大きい人口交換の間の本土ギリシャで解決した。
  • 南イタリア語 (???????? または Griko): 話されている地域のおよそ15 の村の カラブリア そして Apulia。 南イタリアの方言は一度形作った南イタリアのHellenic 要素の最後の生活の跡である マグナGraecia。 それは区域を植民地化したドーリスの解決者から直接呼ぶ Sparta そして Corinth 700BC では、 そして従って古代ギリシャ語のDoric の枝から呼ぶ。 それはギリシャ語常用のユダヤ人のKoine から独自に展開した、 ほとんどの現代ギリシャの方言と非常に異なっているがこうしてある、 Tsakonic を除いて(またDoric の方言の枝で) 。

Koine の(標準的な) 現代ギリシャ語としてDemotic

Koine の現代ギリシャ語 (?? の???????????) はを参照する イディオム の Demotic それはの公用語として選ばれた ギリシャ共和国 そして キプロス。 英語でそれは通常標準的な現代ギリシャ語と言われる。 純粋な形態ではそれはギリシャの都市部分で主に話されていた、 様々なイディオムが間、 方言 ほとんどの田園ギリシャおよびギリシャ人の言語 初期ユダヤ人 世界中。 Koine の現代ギリシャ語は南から展開させる Demotic イディオム、 主に物の Peloponnese。

不足分では、 Koine の現代ギリシャ語は自然な継続のである Koine のギリシャ語、 ("Alexandrian 言語" としてまた知られている) 征服の後の存在に入って来た古代ギリシャ人の方言 アレキサンダー大王 そして Hellenization 知られていた世界の。 ギリシャ語常用のユダヤ人のKoine は様々な異なったギリシャの方言からの多くの要素を同化した(のような イオン、 Doric そして Aeolic) しかしずっと核心常にあっている アチック (方言の アテネ) 。 ギリシャ語常用のユダヤ人のKoine は全体の間のギリシャそしてギリシャの話す世界の地域の複数の異なった形態で話されていた ギリシャ語常用のユダヤ人ローマ そして ビザンティウム 期間、 それが中間の年齢のDemotic の形を取ったまで。

ギリシャの後得られたからの独立 オットマン帝国、 遅いのの同じ二重言語状態 ビザンツ帝国 readapted 。 方言のスピーチはあった Demotic ("普及したに" 類似した言葉) 及び公式の州の方言はあった Katharevousa ("浄化される") 。 Demotic は毎日の使用の言語だった、 そして後は初期の形態(より近くアチックに) だった、 公文書のために使用される、 文献、 newscasting 及び他の形式的な目的。 1976 年にKatharevousa はギリシャの州の公用語としてDemotic によって取り替えられた。 長い歴史の間にギリシャ語の言語は様々な言語からのある外国の用語及び貸付け金単語をのような同化した ラテン系、 イタリア語、 そして トルコ、 大部分、 当然Katharevousa の長続きがする共存の後で清潔にされた。

古代からの現代ギリシャ語への進化

長いののため ギリシャ語の言語の歴史 "古代の" 及び"現代" ギリシャ語のような遠い期間間の特定の言語相違を指摘することは堅い。 ベータの例えば発音、 ガンマ及びデルタは古代及び現代期間間の重要な音声相違と一般にみなされる、 それが非アチックの方言の第5 世紀以来紀元前に既存していたのに(Boetian のような) 。 進化をの分析する唯一の方法 ギリシャ語 現代まで、 全体として(年代の境界検査によって言語を見ることは象徴的の) 4 期間すべてのある。

古代ギリシャ語からの現代ギリシャ語への開発は影響を与えた 音韻学、 形態 そして 用語。

主要で音声的な変更はギリシャ語常用のユダヤ人の期間の間に起こった、 そして下記のものを含まれている:

  • システムの簡素化の 母音 そして 二重母音。

の音声的な変更は反映されなかった 正書法。

形態学上の変更は両方とも影響を与えた 名詞 そして 動詞。 動詞への変更の一部は影響を与えた一部に平行である ロマンス語言語 それらがから成長したように 一般ラテン - 例えばある歴史的の損失 時制 新建設による形態そして取り替え- しかしずっと名詞への変更はより少なく広範囲に及ぶ。 ギリシャ語は決して例えば作った単語終りの卸し売り損失を経験したあらないことは スペイン語、 フランス語 そして イタリア語 ラテンからの別の言語。

参照


  • ???????????? ???????????? ????????????, ?????????? ???????????? ???????, ???????? か。 ????????? -???? はか。か。か。????????? ???????. (Nikolaos P 。 Andriotis 、 ギリシャ語の言語の歴史)
  • Mario Vitti 、 moderne Histoire de la litt3erature のgrecque 。

 

  > 日本語 > en.wikipedia.org (日本語に翻訳される機械)