YSX

YSX(Y s x)JapanPrivate transport plane (Airliner) One of plan.YS-11Those which are planned as the successor aircraft.

Table of contents

Plan details

Domestic small aircraft plan

1986(1986) Small sizeTurbopropMachineYXX(B7J7) Vis-a-vis Japan which is planned,People's Republic of ChinaSmall-sized turboprop machine,IndonesiaSimilarly "ATRA90",West GermanyMBBWhether it does not develop "MPC75" jointly, when, you had examined respectively. Especially MBB had presented the good condition for transferring 50 percent of development ratio to the Japanese side. But, at these national enterprises from the fact that you cannot put on the technology which produces all the fuselage reliance and the fact that etc. it cannot construct the sales network, it did not negotiate the Japanese side.

But, assuming that it receives the stimulus that these countries have individual plan, the transport plane plan which YXX where Boeing grasps absolute leadership compared to can give the Japanese identity it should have the Society of Japanese Aerospace Companies, Inc. which the Japanese aerospace enterprise forms installed "private machine investigation research committee" in the same year, began the examination of the fuselage below.

  • From 50 seats examination of small aircraft development of 100 seats
  • The fuselage which takes over the attitude of YS-11, can utilize experience
  • At the time of cooperation developing, Japan maintains identity and measure share at the time of marketing, commodity plan, development, production, sale and supporting

Following1987(1987) Applying, it entered into the examination, whether you adopt the propeller turbine which you use with YXX of, but it came to the point of making the twin-engine of the turbofan engine.1989(HeiseiThe origin) small-sized private machine plan was approved, as trust business of the country "the Japanese aircraft development association" of the manufacturer's association, development of the turbofan twin-engine 75 seat transport planes and plan of the same class from the fact that it is large number even in the foreign country, began the examination of possibility of international joint development.

As YSX the close support fighter which becomes cooperation development to the same time F-2

With the time where the prosperity where as for 1989, the Japanese semiconductor technology grew suddenly from this 1987, was called the bubble exactly afterwards starts, they are the times when self-confidence has been overflowing in the Japanese.The United States of AmericaAndEuropeWhile falling into all around seeing depression, just Japan was running alone, anti-Japanese feeling had increased in Europe and America. As YSX the Fighter Support X FSX which almost sings individual development loudly the same time, to tie unequal agreement for Japan, with cooperation development the close support fighterF-2They were the times when it comes to the point of making.

Trend of cooperation development and the world

1991(1991) It made auxiliary business of private main leadership from trust business, it started the investigation which is called "small-sized private machine (YSX) development investigation", depended on the selection of the joint development partner, but exactly this timeEnglandBAe,Franceエアロスパシアル,Italy3 corporation combinations of エレニア development cooperation place ! ?  診. Charm there was combination with the European veteran business manufacturer, but as for the French Italy in addition to already having the joint development program of the German German ・ aerospace AG (DASA) and YSX class, as for DASAHollandWe invested in small aircraft manufacturer Fokker, it was not to purchase soon or, (it purchased in 93) we were said. From the opaque impression of this kind of European situation, it continued to reserve attitude in this examination, (really, in this rear several years as for the European aeronautical industry it kept reorganizing quickly). On that,Gulf WarThe airline of the world has entered hovering period with, it was not in the circumstance which can strike out the hand which is resigned.

1993(1993) Small aircraft industry activated largely.CanadaボンバルディアIt announced that the corporation takes over the turboprop small-sized airliner "DHC8-Q series" of the DeHavilland Canadian corporation which is purchased in the preceding year, develops "Q-400" anew.BrazilエンブラエルAlso the corporation reconstructs management, announces small-sized リージョナルジェット machine EMB145,IndonesiaN250,SpainCASA 79? The new model machine of 80 seats is announced,ChinaKoreaBeing joint, when it develops the small aircraft of 100 seat classes from 50 seats, information flowed, competition keen started exposing.

This year, combination of French エアロスパシアル Italy エレニアATRYou examined the development cooperation of turboprop machine ATR82 of 82 seats. But, Japan because it is not the fan engine where YSX aims, with cut off this in the reason which is said. エアロスパシアル many degrees examined participation in Japan, but it cut off Japan entirely. Already, as for ATR82 plan becomes firm in the French Italy, opposes to the intention of YSX where the Japanese main leadership is purpose and,EuropeWith the approach of enterprise,The American combinationB737

-500の改良計画、しかしどこまで本気だったのか(写真は

英国航空の400型) この初めての具体案を受けて、JACDは10月に職員20人をボーイングに派遣し、開発費などの計算にあたらせた。協会としては翌年3月までにはボーイングとの間で了解覚書を締結し、90席前後、航続距離3700kmの機体構想を決定して、2000年

(平成12年)には商業ベースに乗せたいと考えていた。 しかしこのころ、中国・韓国共同開発の小型旅客機「AE100」計画が本格的に動き出していたが、中韓は技術力と販売面から第三のパートナーを探していた。英BAe・仏エアロスパシアル・伊エレニアの連合と米マクドネル・ダグラス(MD)が参加を打診していたが、ボーイング

はこれにも介入しようとした。このため、AE100は世界的な注目を集め、日本が単独で提案するYSXは陰に隠れてしまった。

ボーイングの転換
AE100は中国と韓国の主導権争いに加えて、英仏伊連合のエアロ・インターナショナル・リージョナル(AIR)、MD、ボーイングの三つ巴の非難合戦へと展開し、泥沼の様相を呈していた。また、中国との交渉では3社それぞれが振り回され、全く交渉がまとまらなかった。ボーイングが2社と争う間、YSXは完全に放置される形となった。一方、日本がAE100に参加しても、3社のどれかに付属する形でしかありえず、その場合、シェアの70パーセントはすでに中韓が保有することが決定しており、日本は残りの30パーセントのうち、ほんのわずかしか得ることができないだろうと考えられた。 1995年(平成7)、MDはAE100計画を放棄して、単独で小型機
MD-95

を開発することを発表した。MD-95はYSXと同クラスであるため、日本にとってはますます好ましくない状況になってしまった。一方、ボーイングは欧州との戦いを続けており、YSXは全く進まなかった。3月に予定していた了解覚書締結も実現せず、7月末までに引き伸ばしたが、それも実現しなかった。 1996年(平成8)、日本航空機開発協会はYSXの見直しを考え、共同開発の対象をボーイングからボンバルディア、スウェーデンのサーブ、スペインのCASAなど、AE100へ参加していない企業へ拡大することを検討した。特に、三菱が関係を強化しているボンバルディアに焦点を当てて交渉を進めようと計画した。YSXが一向に進展しない中で、三菱はボンバルディアの新型機に次々と参加を決定し、独走態勢であった。 ところが、この年の5月、ボーイングはAE100の離脱を表明し、AE100はAIRが受注したものの、中韓の意見がまとまらずに停滞した。欧州勢にしてみれば、ようやく勝ち取ったにもかかわらず、何の利益もなく、無駄に時間を浪費しただけだった。一方ボーイングは、AE100から離脱したものの、YSXに帰ってくる様子は全くなかった。エアバスのA380

に対抗するためのB747X計画(後に凍結)を抱え、B737-500を改造するという中途半端な計画に魅力を感じなくなったようだ。 さらに同年末、ボーイングは長年の敵であるMDを吸収合併すると発表した。日本側は全く知らされていなかったが、最大の懸案はボーイングがYSXと同クラスのMD-95をどうするかだった。ボーイングはYSXについて問われると、「検討は続けているが、難しい市場だ」と逃げ腰であった。もはや日本側は誰も期待していなかった。 YSX計画の事実上終焉

ボーイングはYSXを退け、DC-9

の改良であるMD-95を選んだ(写真は同じく改良型MD-83型)
  • 1997年
  • (平成9)、ボーイングはMD-95を「ボーイング717-200」として継続販売すると発表した。同クラスのYSXを生産するはずがなく、事実上のYSX放棄であった。翌
1998年
現実味を帯びたYSX/B737-500の改良計画、しかしどこまで本気だったのか(写真は英国航空の400型)(平成10)に日本側は計画を一から見直し、80席クラスの市場調査を行う事とした。
三菱はボンバルディアとの間で小型リージョナルジェット機の共同開発を次々に進め、川崎重工業もこのころ三菱への対抗上、ボンバルディアの宿敵エンブラエルへの接近姿勢を強めていた。
冷戦

終結による世界的な軍縮の流れによって、今後自衛隊関連の機体製造も先細りとなるであろうから、両者とも民需への産業移転を強めようとしていた。その中で、遅々と進まないYSXへの苛立ちを募らせ、独自の企業戦略を打ち出そうとしていた。

2000年(平成12)、国家産業技術戦略検討会において、当面、YSX開発の可能性はないとして、市場の動向調査のみを続けるとした。H-IIロケット失敗などで日本全体に航空宇宙への失望が漂っていた時期であったが、国としてYSX放棄を発表したのは初めてであった。しかし調査費だけは毎年1億円を支給される歪んだ体制であった。一方、業界第一位の三菱は、ボーイングとの間でこの年の5月、電撃的な包括提携を発表し、宇宙機器や新型旅客機などで相互協力を強めるとした。三菱の独走がさらに勢いづいた格好で、B777に続く新型機開発でも三菱が主体となることが明らかとなった。 防衛庁は2001年(平成13)11月29日

次期輸送機(CX)

次期対潜哨戒機(PX)

の主契約企業を、業界第二位の川崎重工に決定した。CXとPXはYSXの大きさに近く、また両機は機体の一部を共通化させるため、この技術をYSXに移転させようという構想は以前からあり、経済産業省は最後の手段として同年末、これらとYSXを共通化させるつもりであるとの情報を、日本経済新聞に事前にリークし、日経は11月24日

に大々的に報道した。だがその5日後に防衛庁は、YSXへの共通化・技術移転は考慮していないとして、あっさり否定した。 中型機2機種の共通化さえ日本では経験の無い事態であるのに、3種類の共通化となれば、どれも中途半端なものになってしまう可能性があり、よくよく考えれば実現不可能であったが、経産省は自らの面子にかけて、YSXを実現させるために世論を高揚させようと工作したようだが(実際に国民の期待は高まった)、たった5日で失敗し、これ以後YSXが大きく語られることは無くなった。 参考文献 「日本はなぜ旅客機を作れないのか」 - 前間孝則(草思社)

ISBN 4-7942-1165-1 「国産旅客機が世界の空を飛ぶ日」 - 前間孝則(講談社)ISBN 4-06-212040-2 関連項目

日本航空機製造

 

  > Japanese to English > ja.wikipedia.org (Machine translated into English)